信玄のコンセプト

戦のスペシャリストとして

戦のスペシャリストとして

民の生活を豊かにするため

民の生活を豊かにするため

日常にスパイスを与える。

強固な信頼による君臣関係

事業概要

治水事業

信玄堤

戦国武将、武田信玄が甲斐の国で作った信玄堤(霞堤)は、信玄の治世の最大の功績の一つです。

騎馬軍団

騎馬隊

長篠の戦い(ながしののたたかい、長篠の合戦・長篠合戦とも)は、戦国時代の天正3年5月21日(1575年6月29日)、三河国長篠城(現愛知県新城市長篠)をめぐり、3万8千の織田信長・徳川家康連合軍と、1万5千の武田勝頼の軍勢が戦った合戦。

法整備

甲州法度次第

甲州法度次第(こうしゅうはっとのしだい)は、甲斐国の戦国大名である武田晴信(信玄)が天文16年(1547年)に定めた分国法。

信玄の概要

武田ロゴ

  • 名前
    武田信玄
  • 改名
    幼名・通称:太郎
    道号:晴信、機山
    法号・法名:徳栄軒信玄
  • 生誕
    大永元年11月3日(1521年12月1日
  • 死没
    元亀4年4月12日(1573年5月13日)
  • 官位
    従四位下、大膳大夫、信濃守贈従三位
  • 氏族
    甲斐源氏(武田氏)
  • 本拠地

    躑躅ヶ崎館
    (現、武田神社)
お問い合わせ

お問い合わせについては、下記メールアドレスより送信ください。