本栖湖からの富士山

私が活動拠点にしている西桂町は山梨県の山梨県の郡内地域に属しています。

「郡内(ぐんない)」は山梨県の気象区分の東部富士五湖地方で分類している地域です。
対して甲府側は「国中(くになか)」と呼ばれ、山梨県の気象区分では「中・西部」域がこれにあたります。

郡内は、富士吉田市、都留市、大月市、上野原市、南都留郡(富士河口湖町・西桂町、山中湖村、忍野村、鳴沢村、道志村)、北都留郡(小菅村、丹波山村)が市町村として存在しています。

郡内は、富士五湖(山中湖・河口湖・西湖・精進湖・本栖湖)を上流とする相模川(地元の呼称:桂川)流域に位置し山岳地系の地域です。 古くは織物の産地と栄え「郡内織」の名前で栄え、現在も富士吉田や西桂、都留市では織物をやっている機屋さんがたくさんあります!
機屋

また、富士山を信仰とする「富士講」の民衆信仰のひとつとして栄えていました。今でも富士吉田市には富士参拝・宿泊などの世話をする「御師(おし)」の住宅が残っています。

河口湖駅からの富士山

歴史的には、中世において山梨県の旧国名「甲斐」を治めていた武田信玄の家臣小山田氏が都留市の「中津森」という地に館を構え、郡内一帯を治めました。
さらに江戸時代には、富士講で栄え、国道20号から分岐する国道139号線は「富士みち」とよばれ今でも富士信仰の名残を感じられます。

交通機関
有料道路
国道
鉄道
観光・見どころ
河川
山岳
道の駅
見どころ
今回は、わたくしの地元を紹介しました! 是非、遊びに来てください!