ホームページ制作する手段

ホームページを制作するための手段は以下の3つがあります

自分で制作する場合

ホームページを自分で制作する場合、自分でHTML・CSSの記述を覚え、制作する方法、ホームページビルダーのようなホームページ制作ソフトを利用して制作する方法、WordpressやbaserCMSなどのCMS(コンテンツマネージメントシステム)によるホームページを制作する方法、WixやBind、JIMDOなどのホームページ制作サービスを利用し制作する方法があります。

それらを利用した場合の費用感と使い勝手をまとめました。

HP制作手段費用感使いやすさ編集の自由度備考
自分でHTMLで記述制作[su_dropcap]安[/su_dropcap][su_dropcap style="light"]難[/su_dropcap][su_dropcap style="light"]高[/su_dropcap]自分で記述するため費用はゼロ円
ホームページ制作ソフトで制作やや[su_dropcap]安[/su_dropcap]やや[su_dropcap style="light"]易[/su_dropcap][su_dropcap style="light"]低[/su_dropcap]ソフト代金は15000円前後で購入が可能
WordPressで制作[su_dropcap]安[/su_dropcap]やや[su_dropcap style="light"]易[/su_dropcap]やや[su_dropcap style="light"]高[/su_dropcap]無料のWordpressテーマが利用できる レンタルサーバ代金が別途必要
WixやBind、JIMDOなどホームページ制作サービスやや[su_dropcap]安[/su_dropcap]やや[su_dropcap style="light"]易[/su_dropcap]やや[su_dropcap style="light"]低[/su_dropcap]無料のテンプレートテーマに限りがある 独自ドメインと関連づけるために月額費用が別途必要

友人・知人に制作を依頼する場合

HTMLやCMSに関して知識のある友人・知人にお願いすれば、費用は安く済みます。しかし、緊急を要する場合すぐに対応してもらえない場合があります。
これまでわたくしが制作してきたお客様の中にも「知人に制作してもらっていたが『忙しくて対応してもらえなかった・・・』、『急に連絡が途絶えてしまった・・・』」などで制作依頼もあります。

ホームページ制作会社へ依頼する場合

ホームページ制作を大きな会社へ依頼する場合、ビジネスサイトを制作でおおよそ30万円から50万円が相場です。
コンテンツ量も多くなると100万円になる場合もあります。
これは大きな会社の場合、人件費がかかるためです。各作業工程で人件費が発生するため高い制作料金になってしまいます。

しかし、ユースケデザインネットでは、一人で作業しているため、制作費を大幅にカットすることができます。 価格表を参考にしてください。